smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
profile
recommend
recommend
recommend
Counter
ブログパーツUL5
お役立ち
 Use OpenOffice.org
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

引っ越しました。

jugemから引っ越しました。
ケータイだとエロ漫画の広告がでっかく出るんだもん。。。

新しいブログ
The Shooting star Cat Road

ここも記事が沢山あるので残しておきます。
自分の為に(笑)

at 23:13, joxter, -

comments(0), -

お散歩。

元気そうラッキー
でも年取った顔になったねロリータ。

Gerard Butler Takes His Cute Dog Lolita For a Walk

at 19:47, joxter, Gerard Butler

comments(0), -

ROCKNROLLA(ロックンローラ/2008年)

ガイ・リッチー監督。
ガイ・リッチーと言うと、私は劇場版『Sherlock Holmes』2作品なんだけど、ロックンローラの方が先なのね。

ギャングムービーって言うから、あんまり期待していなかったのが本音。
駄菓子菓子!!
大変面白うございました。
とっても面白かったーーーっイケテル

いくつもの事件やら何やらが次々絡み合って行って、みんな大変な事に(笑)。
男の映画だなぁとは思うけど、面白かったよ。

ブラックウッド卿が…じゃ無くて、マーク・ストロング演じるアーチーが狂言回しな。
キャストの筆頭にジェリーさんの名前が有るから、一応主人公なハズなんだけど、沢山のエピソードが絡んでるので、誰が主人公なのか良く判らない。。
ジェリーさん演じるワントゥーは街の小悪党?まぁ、ちんぴらな訳だ。
悪事を働いている時よりも、仲間のハンサム・ボブにうっかり告られて狼狽えて暴言吐きまくったり、オイシイ話しなハズに乗っかったら、まぁそれなりにおいしい思いも出来たけど、それ以上に酷い目に遭ってみたり、基本犯罪だらけの話しなのに、何処かコミカルでちょっとお間抜けな感じのワントゥーが面白い。

会計士のステラはあの後、あのロシア人に川とか海とかに沈められちゃったんだろうか?
最後良いトコは全部ジョニーが持って行った…(笑)。

この撮影中、ジェリーさんは体調が悪くておちりに注射されたり、代役立てたり、休んだり、別撮りしたりだったらしい。
確かに所々、声がカスカスのトコがある。
ただでさえ、低くてハスキーな声なのにね。
お疲れ様だったのね。
ROCKNROLLA
ジェリーさんと後ろ頭は相棒マンブルズ役のイドリス・エルバ氏。
私はこの、大口ぱかっと開けて笑うジェリーさんの顔が大好きですラブラブ

at 22:35, joxter, Gerard Butler

comments(0), -

P.S. アイラブユー

P.S.アイラブユー
Cecelia Ahern原作/林真理子 訳
読み終わりましたぞ。
映画がとても良かったので、原作はいいかな?と思っていたんだけど、取りあえず読んでみよう。最近読書してないし。
買って読むと言う程の執着も無かったので、図書館から借りて来たんだけど、6月に図書館オンラインで検索した時には貸し出し可だったのに、いざ行ってみると既に貸し出し中に…がーーーーん(T_T)
2週間待ちましたわい。
その間にサトクリフの『ベーオウルフ』読んだ。

『P.S.アイラブユー』借りてびっくり。
結構厚い…。。
でも、以外とサクサク読めてしまった。
昼前に読み始めて5時間くらい?途中で中断したりしながら。
原作は原作で良かったです。
ホリーが自分の事に手一杯で、ジェリーに関わるその他の人たちも自分と同じ様に傷ついてとても哀しい辛い思いをしている事に気が付かなかったり、その事にやっと気付いたり、登場人物達の細かい気持ちの動きとかがちゃんと描かれているので、映画だけでは語り切れていない気持ちなんかは良く感じることが出来た。
原作のホリーの方が少し幼い感じがした。
映画では、ジェリーの両親の事は描かれていたけど、原作では殆どエキストラの様に出てくるだけでちょっと、って言うかかなり物足りない。
ジェリーは一人息子なのにそっけなさ過ぎないか?

そして、私がとても気になっていた、ジェリーの気持ち。
とても少なかったけど、ちゃんと描かれていた。
やっぱりジェリーも泣いたんだ。。

それから、Blu-rayの特典映像の中の、Deleted Sceneの中の一つに、ジェリーがジョンに宛てた手紙も出て来るんだけど、その手紙の最後が『P.S. told you I keep my promise』何だろ?約束って??『約束を守るって言っただろ』何?どんな約束?あった?そんなトコ?
で、原作にあるかも知れないと思っていたけど、原作でもやっぱり『P.S. ぼくは約束を守るって言っただろ。』だけ。
判らない…。。読み飛ばしちゃったのかなぁ。

キャストは脳内変換済み(笑)

そうそう!!
ジェリーじゃ無いのね!!
ゲリーなのね!!
アイルランドって英語だよねぇ?
アイルランド英語だと『Gerry』はジェリーじゃ無くて、ゲリーなの?

 

at 21:17, joxter, 読書

comments(0), -

おやじ好き。

何か、最近ジェリーさんにはまったもんだから、更新内容がほぼジェリーさん絡みばっかり…なので、カテゴリー作っちまいました。

まだ鑑賞出来ていない作品多いし、小木茂光さん以来久々〜。
何で今更…。。気が付かなかったんだろう…。
こんなにステキなのに。
新カテゴリ『Gerard・Butler』。

しかし、何だな。。
こう…背が高くてガタイが良いおじさんばっかり好きになるんだな…。
今じゃ、すっかり自分にとっても年相応な人だけど、子供の頃からおじさんばっかり好きだったっけな(笑)
 

at 01:19, joxter, Gerard Butler

comments(0), -

コスプレ。ベオウルフとアッテラ

時代物と言いましょう。(笑)

アッテラとベオウルフ、演出とかヘアメイク色々有るんだろうけど、同じコスプレ(だから時代物と言え)なのに(^_^;)
アッテラは眼光鋭く今にもレーザービームとか出しそうなくらいで、『猛犬注意』って感じ。ドーベルマン?の様な感じ。
そうなるとベオウルフはゴールデンレトリーバーしか無い。
ああ、どうしよう!?ゴールデンレトリーバーにしか見えなくなって来た(笑)。

戦う男なのは変わらないけど、好戦的で直情型のアッテラと温厚で思慮深いベオウルフ。全く正反対の二人。
この二人の間だってそんなに空いてないハズなのに、随分ふくよか…ごほごほ…。。
まぁ、毎度キャラによって印象の変わり過ぎる人なので、今更驚かないわい。

それにしても、コスプレ似合うわね。
コス…じゃ無くて、時代物でのロン毛似合うな〜。。。

ガタイも良いし、『アウトランダー』にこう…キルト姿で出演お願いしたい。。

at 00:45, joxter, Gerard Butler

comments(0), -

Beowulf & Grendel (ベオウルフ)

Beowulf & Grendel2005年の作品らしいんだけど、日本での公開は無くて、DVDが発売されております。

Beowulf

イェーアトの英雄(後の王)ベオウルフの若い頃の物語。
登場人物が原作よりもリアリティのある(近い)状態に描かれていて、割と生々しいいのかもしれないです。
トロル(巨人)と呼ばれているグレンデル親子とベオウルフ達の体格差はハリーポッターのハグリットとその他の普通の魔法使い達との差くらいだし、夜な夜なヘオロット館を襲撃してデネ国人を殺害すのにもちゃんと理由があったし、ベオウルフはグレンデルと戦う理由に葛藤が生まれてしまうし。
原作のグレンデルはもっと単純に人間が気に入らなかっただけで、もっと凶暴で獰猛な感じ。映画の中のグレンデル母がまんまそんな感じ。
ストーリーももっとシンプルで単純。
2時間の映像作品にする為に色々肉付けされ、膨らませてちゃんとドラマになってる。
ただのファンタジーな物語な作りにはなっていないので、意外とやるせない感じ。

********************

ベオウルフ役のジェリーさんはとても大柄でガタイも良く貫禄がある。更にとても二枚目なので、いかにもな勇者サマなのだ。
なのに、フロースガール王がこれ又大柄で190cm以上有り、何しろ王様なので精神的にはボロボロ、姿もヨレヨレだけど、存在感はある。更に更に、ベオウルフの相棒ブレカもこれ又大男なので、せっかくのベオウルフの美丈夫っぷりがちょっと目立たない。。。

Beowuif

作品としての出来は、シロウト私としてはとても良いんじゃ無いかと思うんだけど。。ロケーションがすごいし、何しろCG無し。
ただすっごい地味。悪い意味では無く地味。
リアルとはそう言うことなのかって。

それにこの物語って、北欧方面の神話とか昔話に馴染みの薄い日本人には、予備知識が欲しいカモ…。
そうね、グレ母を倒した剣と元々の自前の剣の違いとか、デネ人のペンダントのチャームの事(これは原作にも出てこないし)とか。
…台詞が少なすぎるのかなぁ。でも台詞で説明なんてして欲しくないしねぇ。むーーーん。。。
原作読んでおいてからの方が判る事もあるかも。
原作とっても短くて簡単で分かり易いし。

映画オリジナルの登場人物がいて、印象的な赤毛の女性でセルマという美女。
彼女は魔女と呼ばれ人の死が見えると言う。
デネ国に入った初日に見かけた時から、ベオウルフはきっとセルマの事が気になっていたのかもね。。
占いをしてもらいに行ったベオウルフがからかわれ、挑発され、クルッと背を向けたセルマの後ろで
「く〜っっっ!!このっっ!(ガマンしてんだよ!)」
舌打ち「ちっ!」的な表情とか、その後すぐにセルマの住まいの近くに現れたグレンデルを追って岩場でのやり取りとか、小学生のケンカみたいで、コミカルで面白かった。

ヘオロット館を襲撃したグレンデルの右腕を、原作ではベオウルフは素手でもぎ取る。『やったぜ!』的な感じになるんだけど、映画版は屋根裏で何とかグレンデルに組み付いたベオウルフが、グレンデルの右腕にロープを巻き付けるんだけど、あっさりはね飛ばされる。
飛び降りたグレンデルだけど、ロープに括り付けられた右手が自由にならず、宙づり状態。そして何と、グレンデルは我が腕を奪った槍先で切り裂き逃れるのだ。
その様子を間近で目撃していていたベオウルフは愕然としてしまう。
翌日、ホンドシオーホの弔いを済ませた後、グレンデルの生死を確かめに行った海岸で血だまりを見つけた時、ソルフィンに『What ’s a Troll?
』と尋ねるアタリのベオウルフは何だか機嫌が悪い。顔がちょっと怖い。
更におそらくグレンデルを倒したであろうと宴会が催されてる館から一人セルマを訪ねて、ボソッと弱音を吐いたら、結構キツイ事言われたり、グレンデルが自分にとってどんな存在だったのかとを聞いたり。そして更にまたもや挑発されて、うっかり吸い寄せられてしまったら引っ叩たかれた挙げ句、逆に押し倒されちゃったり。
ベオウルフはセルマにやられっぱなし。。
何とも、人間くさいのだ。

実は、ベオウルフとセルマがイイコトしてる頃、館がグレ母に襲撃されていたのね〜。。
こりゃイカンと再び出張るベオウルフ一行。グレンデルの住処だった洞窟の奥に更に洞窟があって、そこへは潮溜まり?を潜り抜け無ければならず、ベオウルフは兜やら甲冑をブレカに預けて剣一つで単身水の中へ消えた。
奥の洞穴にはグレンデルの遺体が横たわり、グレ母登場!!めっちゃ強いグレ母を何とか倒すも今度は岩陰から赤毛の少年が剣を構えて現れる。その額にはグレンデルと同じ特徴が。
少年との戦いを避け、その後海岸沿いにグレンデルの慰霊碑?を造るベオウルフ。
赤毛の少年にとってベオウルフは。グレンデルにとってのフロースガールと同じ様に父を殺した敵を取らねばならない相手であるんだけど、事実を知ったベオウルフはグレンデルの墓を造り祈りを捧げている。
その姿を遠くから見つめて、仇を取らなくても良いと理解したのか。。

デネを出る前にセルマを訪ね、少年の話をする二人。
ベオウルフもあれ以上の事は言えないし、出来ない。
セルマも言えるべき事も無いし、他にどうしようも無い。
ちょっと哀しい二人。。雨降ってるし…

家路に着くベオウルフが帆を引きながら、
『オーディンの〜』
って言ってたから、やはり彼らはバイキングなのかしら。

あっと、それから、占いの途中で屋外の異変に気付いてグレンデルを追いかけちゃったからどうだったのか判らず終いだったベオウルフの最後って、セルマには見えていたのかしらね。
ベオウルフの最後ってちょっと気の毒よね。

 

at 22:33, joxter, Gerard Butler

comments(0), -

London Has Fallen

London Has Fallen のトレイラーが出ましたぞ。



これだけでは判らない…
久し振りに映画館まで行きますよ。
…公開来年だけどね(笑)

at 01:54, joxter, Gerard Butler

comments(0), -

ヤマモモ。

ご近所さんのお庭のヤマモモ。
もう半分以上落ちちゃってるけど。
ヤマモモ
見た目と味がなんだが合わなくて、敢えて食べ無いけど。。
随分前に試しに食べてみた事があって、モモと言うからにはもっと桃っぽい味なのかと思っていたら、青リンゴみたいな味だった。。。。

目に美しいのでそれだけど良いのだ。

at 23:45, joxter, 観察日記

comments(0), -

検索キーワード。

アクセスログを見てみたら、6月は小木さん関係が多かった。。
何かあったっけ?

at 08:26, joxter, 小木茂光・セピア・一世風靡

comments(0), -