smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
profile
recommend
recommend
recommend
Counter
ブログパーツUL5
お役立ち
 Use OpenOffice.org
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

サンシャイン劇場へ急げ!『COURAGE OF THE WIND』の巻き。

正直もう、何度目の再演か判らないんだけど…。。。

行って来ました。サンシャイン劇場『COURAGE OF THE WIND』
今回のヒロインほしみ役は劇団員の原田樹里さん。
で、現在私のキャラメルでの押し女優渡邊安理さんがもう一人のヒロイン。

前にも書いた様な気もするけど、ちょろっとあらすじ。
夏休み、高梨家は家族6人で恒例のキャンプへ出掛ける。ところが、キャンプ場へ向かう途中で事故に遭い、助かったのはほしみひとり。。
軽傷で入院しているほしみには、家族の姿が見え、会話も出来る。でも、他の誰にも見えない。見えるのはほしみだけ。そう、家族は幽霊になってほしみのそばにいるのだ。
その頃、ほしみの父の弟、鉄平はある事件に巻き込まれてしまっていた。負傷した鉄平はとにかく妻・あやめに会いたくて何とか帰宅するが刑事がやって来て。。。

家族の、大切な人との心のすれ違いの話しです。
生きている間はどうも、行き違っていたり、勘違いや思い込みなんかで、すれ違ってしまっていた2家族がやっと心を全て開き合い、そして別れて行く。
この劇の『別れ』は、相手の死なんだけど。

前の日に、『P.S. I LOVE YOU』何かがっつり観た(何度目!?)もんだから、劇観て更に号泣。
大切な人には幽霊でもいいから、そばに居て欲しい。声が聞きたい。
ホントそう思うんです。


タイムライン   出掛けついでに本買いました。
   最初、西武のリブロで置いて無くて、すぐそばにジュンク堂があるのでそっちへ。
   有りましたね〜♪
   
   映画から考えると随分原作厚いな。。と。
   上下2冊ですよ?
   まだ読み始めたばかりだけど、既にキャストは脳内変換されております。
   

最近、目が悪くなってちょっとメガネ無いとキビシイのかなぁ。。なんて思いながら本読んでます。
メガネとかコンタクトレンズとかちゃんと考えないと駄目かなぁ…。。

at 21:15, joxter, 演劇

comments(0), -

六本木はなぁ…

良い感じで舞台の夢を見た。

まだ忘れてはいないみたい(笑)
もう舞台俳優の夢は諦めたけど、そう言う夢があった事や想いと言うか気持ちは持っていていいんだなぁと思う。

今朝の夢、むぎにごはんをあげた後、二度寝で見た。

時代劇で、劇場は…そう言う劇場があるのか判らないけど、客席が舞台に対して360度で、3階まである。席の奥行きは2階3階は3列くらいしか無くて、1階は段になって6列くらいだったかな。
舞台は長方形で、役者達の出入りは舞台の1対角。

ダブルキャストで、私は一方のチームで主演(笑)
主演ったって、出演者が多くててんこ盛りな内容なので、見終わって「ああ、あのヒトが主人公だったのかな?」ぐらいな(笑)

結構着飾ってて、非常にお嬢様な感じで。。戦うヒロイン(時代劇)会長の愛人、裁判員などなど…実際に演じてきた役とは全く違うタイプ。。
そうか…お嬢様な役をやってみたかったんだ私…(笑)

場当たりやってるんだけど、今回は私達のチームでは無くもう一方のチームが舞台上。
観ている私たち他のキャストも衣装着けてるんだけどね。

照明やら大道具やら出入りの確認とか何やら、かなり大掛かりで舞台外で観てると大変そうだった。
でも舞台自体はとても華やかで楽しそう。
自分が舞台に入っちゃうと実際は観る事が出来ない事ばかりなので、1階から3階まで各階で観てみたりしちゃって。。
3階へ上がった時に何故かヤケに観客?が増えてるなぁと思ったら、何故か劇場の出入り口が開いていて、観光客が入ってしまったとかで、スタッフが非常に怒っていたよ。

劇中劇に中国風の恋愛時代劇が盛り込まれていて、船みたいな大道具が使われてその上に15人くらいは役者が乗っていて、「すげーなぁ…」と人ごとの様に思ったり。

客席の後方の通路を歩いている時、衣装の裾がはだけたらしく足首がスースーするなぁと思ったら目が覚めた。
タオルケットが寝てる私の左半分はだけてたわ(笑)

どうせなら、自分が舞台に入ってるトコを見たかったのにな〜


キャラメルの「シラノ・ド・ベルジュラック」は行きません。六本木は遠いよ…。。

at 09:35, joxter, 演劇

comments(0), -

サンシャイン劇場へ急げ!(また逢おうと竜馬は言った2010)


また逢おうと龍馬は言った2010

今回、マジで
「サンシャインへ急がねば!!」
な状況になってしまいました(笑)
いつも、と言うかキャラメルの東京公演マチネの場合、殆ど14時開演なのに、今回13時開演!
家でゆっくり支度してて、
「まぁ、SEIBUで買い物するし、取り敢えず開演時間の確認しとくかな」
なーんて、悠長にチケット見たら
【12:00開場 13:00開演】
だって…

「…!えっっ!?マジっっっ!??」
あわてて日焼け止めを腕と首に塗って飛び出しましたわ(笑)

慌ててたもんだから、乗る電車間違えたりして(笑)
普段、急行に乗るのにホームに入って来た電車に吸い込まれる様に乗ってしまったら準急だった…
時間にまだ余裕があったし、列車内もすいてたからまぁ良かったけど。

それにしても暑くて…劇場着いたら汗だく(笑)
1階奥の休憩スペースで汗を納める為に扇子必死ですよ!

で、本題(笑)
「また逢おうと竜馬は言った」
今公演が再再再演?兎に角4度目の公演になるのかな?
初めて見た「竜馬〜」が2000年の再再演の時。
この時は、どうもイマイチ「ぐっ」と来なくてね…

でも、今回(海組・竜馬/大内厚雄 岡本/畑中智行)すごく良かったです。
まだ開演中なのであらすじは省くけど、土方も良かった!
席がちょっと後ろの方で、役者さん達の表情が読みにくかったんだけどそれ以上にちゃんと伝わったよ☆

8月には空組行くけど、左東くんが岡本なので楽しみです。

座席に座った後に、ばーーーっっと見渡した時に何だか佐藤先生にすごく後ろ姿が似てる人がいて…
ハンチングに派手柄シャツ…派手柄ってのが違うんだけど、坊主頭(お坊さんの様では無く超短髪)にハンチング帽。

ハンチング帽、又はパイレーツ巻きなバンダナは先生の印。
…なわけじゃ無いけど、私的には先生の目印。

ただ、後ろ姿で顔が見えない…振り返ってくれないかなぁ…確かめたいなぁ…
でも、先生にしては首が細いんだよな……

先生は2000年の再再円の時に土方を演じておられ、殺陣師の先生が役者として舞台に。
イマイチでぐっと来なかっただけに、どうも良く覚えていないんだわ…←オイオイ

翌年、私は先生主催の殺陣教室に入門したわけです。。

佐藤先生って、厳しくて怖くてね〜(笑)
今聞く、演劇教室の話しとは別人の様(笑)
まぁ、キツかったけど気が弛むとかだらけるとか無くてとても私としては良かった。
当時通っていた、ナレーション・アナウンスのスクールの講師もとても厳しい方だったので、気持ちが引き締まったよ。

あ、何か話しがずれた(笑)

終演後、席を立ったその先生似のヒトは結局別人だったんだけど、良く見たら手首にジャラジャラブレスレットの様なモノが…5〜7、8本着けてた。
先生もパワーストーンっぽい数珠を着けておられたけど、あんなに沢山では…

久々に公演中の音楽CD買いました。
エンディングで流れるテーマ曲?
【君のいた夏へ】
はシングルCD持っているんだけど、昔(笑)のシングルCDって小さいでしょ?
今の私のMacちゃんは円盤形メディアが「にゅっ」って入って出るヤツ。
小さいCDは使えないでしょ!!
なので、iPodに入れる事が出来ずにいたので…この際だからと音楽CD買っちゃいました。

以前は、キャラメルってチケット代が安くて、1公演3ステージとか観に行っていたんだけど、ここんとこ少し値段もあがって、3ステージは厳しい…
上演DVDもここんとこ買ってないし…

やっぱりキャラメル好きだなぁ…
出来れば新宿で上演して欲しいなぁ…
サザンシアターとかで。


私、このテーマ曲【君のいた夏へ】を聴くと、田嶋ミラノさんを思い出すんです。

at 22:17, joxter, 演劇

comments(0), -

サザンシアターへ急げ!”さよならノーチラス号”の巻

サンシャイン劇場!

申し訳ない!

私は新宿紀伊國屋サザンシアターの方が好きだ!

…かなりキャパ狭いけど。


坂口理恵さんがゴールデンレトリーバーにしか見えなくなって来るのがすごかった(笑)

久々に女優真柴あずきさんを見た。


キャラメルを観始めて、始めてノーチラスは観た。
これまで再演が無かったんだなー…。。

それから、まだ観ていないもので観たいのは、
『不思議なクリスマスのつくりかた』
観たいんだよ!これが!


それから、
…真弓(前田綾さん)が殺陣仲間のmakotoちんにしか見えなかった…(笑)

at 21:04, joxter, 演劇

comments(0), -

サンシャイン劇場へ急げ!〜風を継ぐ者〜東京千秋楽の巻

やはり最終日はいい!

2階席だったのでちょっと遠く、役者さんの表情が視力1.5の私でも、イマイチ良く見え無かったけど、前回の最前列とゆー役者さんの表情はばっちりだけど、全体を見渡すのが非常に困難で頭をブンブン左右に振らなければならないよりは、分かり易いとゆー、どっちもどっちな感じ(笑)

殺陣はすばらしかった。
丁度舞台中心アタリがセットの配置関係でかなり狭くなっており、おかげで随分狭い舞台に感じて、こんなに狭い場所で立ち回りってすごいなこの人達。さすがプロだな。
なんて思ったり。


オープニングは再演の時に新しくなったテーマ曲?の「風を継ぐ者」だったけど、肝心なつぐみと沖田の別れから先のシーンとか、ラスト迅助と再会する兵庫と剣作からエンディングとか、私としては思い入れのあるシーンが初演と同じ曲だったのが嬉しかった。

このバックで生を見るのは初めてだし。

再演の時は、はっきり判る脚本の変更もあったし。

初演の兵庫は醒めた感じ。
再演の兵庫はちょっとワルくて生意気な感じ。
再々演の兵庫は不遜な感じ(笑)。

今回の沖田は、これまででいちばんカワイイ感じと言うか、いじられ易そうな感じ。
そして一番やさしいかな。。。
斬りに行く時の表情は恐ろしいんだけどね、笑ってんだもん。ははははーーー…

それから、三鷹が良かったねー(笑)

そして動じない男・宇部。ブレ無い男な感じが頼りになる粟野さん(文学座)でした。




それから!
今頃、上川氏の退団を知りました。
去年の春公演が最後の出演作になったのかな。

上川氏のキャラメル以外の出演舞台を観た事が無いので、どんな感じか判らないけど…
あのはじけっぷりはもう観れないのかなぁ
と、言う訳で
今度、頑張って(高いから)上川氏出演の舞台を観に行ってみようと思ったのでした。

at 22:12, joxter, 演劇

comments(0), -

サンシャイン劇場へ急げ!”風を継ぐ者”の巻

再々演であります。

初演1996年。
再演2001年。

そして2009年再々演。

初演は上演ビデオしか知らなくて、でもその上演ビデオを観て、キャラメルボックスを観に行こうと思った訳で。

正直、今の団員からキャスティングなら素人私でも、沖田には畑中智行さんだろうなぁとは思った。
『俺たちは志士じゃない2006』で、多田直人さんが、どこに出しても恥ずかしくないいかにもな沖田総司だったりしたけど、『風を継ぐ者』の沖田ならば畑中さんだろうなぁと。

何となく、誰でも「当然だろう」な感じがあったから、逆に不安もあったりしたんだけど、良かったわ。

じっきーのつぐみは全く想像付かなくて、どんなもんやら??と思っていたけど、つぐみの気が強い感じとか、良かった。

三浦さんの土方はもう大魔神って感じで、『新・土方歳三』だった。


8月9日に東京千秋楽行きます!

at 23:49, joxter, 演劇

comments(0), -

何でもある。

何か、最近は『レキジョ』なるものがクローズアップされていいる様で。

私もレキジョになるのかね?
どうなの?

私が殺陣を習い始めたのは10年くらい前だからねー…
養成所に通い始めて次の年か何かに、プロ養成じゃ無い殺陣教室を見つけて
「ここに入らなきゃ、もうチャンスは無い!」
と入門?したんだけど。

こんな日が来ようとは(笑)

家族には、日常生活に全く役に立たない情報とか知識がやたらあると何か随分な言い方されてる私だけど、否定出来ないたらーっもっと役立つ情報を集積せねばいかんのよね?

時代劇は大好きだし、日本史もかなり得意だし、今だにかなり語れるけど、すっかり現役からは遠ざかったわポロリ

殺陣教室はモロモロの事情から、今では閉塾状態。現在は同じ先生に太極拳教えて頂いてますだ。

10年前ならば、一般人が気軽に参加出来る殺陣教室なんてそうそう無かったから便利になったというか、何と言うか。

at 14:50, joxter, 演劇

comments(0), -

ハーフタイムシアター2009

『光の帝国』『すべての風景の中にあなたがいます』
キャラメルボックス春のハーフタイムシアターでございます。

おちりが痛かった。
前の席のおとーさん(推定42,3歳)のガタイが良くて、舞台が見えん。

元?今も?ライヴハウスで、椅子がパイプ椅子!
しししし…知らなかった…。。
入って軽くショックたらーっ

椅子も前の列とは互い違いに置かれてて、間から見えるはずになっているんだけど…
前の席のおとーさんがデカくて、背がでかい人って頭もデカかったりしてもー…とほほ
私の席からだと気持ち左よりのど真ん中が上1/3くらいまで見えないのポロリポロリポロリおかげで集中出来ず。
ラスト近くでものすごく感動…では無いな、泣けるシーンがあっていつもなら私もツツt−ッなーんて涙が流れちゃったりするんだけど、ちょっとぐっと来ただけで泣かず。

実際は舞台の1/6くらいが見えないんだけど、感覚的に半分見えていない感じ。

『光の帝国』は、子供が主人公なんだけどやっぱり子供が主役の話って難しいなぁ。
ある程度経験、体験を重ねなければ判らない事だらけだからね。

ストーリーとしては、『すべての風景の中にあなたがいます』は後半、オチが見えてしまったけど、話しとしてはこちらの方が好き。

ちゃんと集中して観たかった。

そうだ、左東くんが今日誕生日だったそうで、劇場でみんなで『ハッピーバースデー』歌いました。
左東くんなんだか濃い谷原章介さんみたいだった(笑)


at 21:12, joxter, 演劇

comments(0), -

同じモノ3つ。

チケットホルダーCSC15周年抽選会とやらで、チケットホルダーが当たった。

デモね、ホレこの通り。
3つになってしまいました(笑)

くじ運は無い私だけど、コレは?


at 21:51, joxter, 演劇

comments(2), -

サンシャイン劇場へ急げ!”君の心臓の鼓動が聞こえる場所”の巻

タイトル長っ!

今日は会社をさぼって…じゃ無くて、ちゃんと有給取って平日の昼日中に観劇なのだわーい

キャラメルボックスのクリスマスツアーの千秋楽!
何故かクリスマスツアーの千秋楽が撮れた時って、いつもサイドブロックなんだけど…。。
これまで
『裏切り御免』『トリツカレ男』そして今回の『君の心臓の鼓動が聞こえる場所』の3回取れたけど、
ぜーんぶサイドブロック。
…取れない事の方が多いから取れただけいいんだけど(笑)

今公演の客演でヒロインの黒川智花さんは、高部あいちゃんと比べると更にきゃしゃなんだけど、あいちゃんに感じた『足りなさ』加減が無かった。
元々舞台女優さんな訳では無い若手女優さんなハズなのに、なんか馴染んでた様な気がする。
ラストステージだから当たり前か?
でも、馴染んでたなー…
『雨と夢のあとに』のテレビドラマ版でヒロインやったりしてたからかなー
でも、今回が舞台は初めてなんだよねぇ?



この子結構ヤル


キャラメルボックスキャラメル
で、終演後にクリスマスツアー千秋楽恒例のキャラメル配り。
今回は、砂川役の大内厚雄さんに頂きましたラブラブ

ショップに白い箱のも売っているのは確認して居たので、帰りに購入。
紅白饅頭ならぬ、紅白キャラメルだ(笑)



at 21:49, joxter, 演劇

comments(0), -